スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOSHIBA F-DLP100と上位機種との違い

TOSHIBA F-DLP100には上位機種としてF-DLP300とF-DLP200があります。

当然ながら、上位機種にはTOSHIBA F-DLP100にはない機能が搭載されています。

その違いをまとめてみました。

【F-DLP300のみに搭載されている機能】

「バッテリー電源に切り換えて使用可能」

充電用バッテリーの新搭載により電源プラグをコンセントから外してもバッテリー電源で使用できます。

停電時など電源供給がない時でも使用できるほか、「ピークシフト運転」も搭載しています。

「ピークシフト運転」はボタンひとつで設定でき、夜8時から午後1時までの間に充電し、ピーク時間の午後1時から3時
の間は自動でAC電源からの供給を止めバッテリー電源に切り換えます。

バッテリー電源の場合は、約6時間のフル充電で最大約17時間使用できます。

バッテリー容量に空きがある場合は使用中に自動で充電します。



【F-DLP300とF-DLP200共通の機能(F-DLP100には搭載されていません)】

温度と湿度を検知して風量を自動調節する「デュアルセンサー」

温度または湿度が上がると風量を強め、温度または湿度が下がると風量を弱めます。

「デュアルセンサー」による自動運転のモードは「標準」、「弱め」、「強め」の3つです。



※色はF-DLP300は黒色、F-DLP200とF-DLP100白色です。


以上の機能の違いを考えると上位機種は確かに魅力があります。

しかし、実際に使う機能なのかというとそうではないような気がします。

むしろ、「省エネ」を謳っているにもかかわらず、F-DLP300の充電時の消費電力は
●7(最大)-上下首振りあり-充電時31W/非充電時22W
●7(最大)-首振りなし-充電時28W/非充電時19W
●1(最小)-上下首振りあり-充電時16W/非充電時7W
●1(最小)-首振りなし・消灯モード-充電時12W/非充電時3W

TOSHIBA F-DLP100の消費電力は非充電時と同じです。


電力量がピークを迎える昼間にバッテリー運転をしても、ピーク時以外に動かすと充電しながらの運転となるので、消費電力は多くなってしまいます。

はたして、「ピークシフト運転」はTOSHIBA F-DLP100に比べて省エネなのかは少し疑問に思います。

まぁ、この程度の消費電力ならほかのリビング扇風機に比べると十分に優秀な部類に入るとは思いますが…


あとはF-DLP200の「デュアルセンサー」機能ですが、TOSHIBA F-DLP100との8000円弱の価格差をこの機能に見いだせるかだと思います。


以上を勘案するとTOSHIBA F-DLP100の機能でも必要十分だと思います。


⇒省エネと7つの"S"で快適をつくるTOSHIBA F-DLP100はこちらをクリック!

          
スポンサーサイト

Tag : TOSHIBA F-DLP100 激安 格安 安い 最安値 口コミ 感想 レビュー 特長

TOSHIBA F-DLP100の人気の秘密

TOSHIBA F-DLP100にはどんな秘密があるのかご紹介させていただきます。

TOSHIBA F-DLP100は店頭に並んでいるリビング扇風機の中でも、ちょっと価格が高めです。

でも、それだけの価値がTOSHIBA F-DLP100にはあるということなんです。

人気で納得の特長というと…

1<Snart Technology(卓越した技術)>

静音性への配慮:やわらかで自然な微風を生み出す「DCインバーターモーター」をモールド樹脂で一体成形し、さらにブレード(羽根)の中心部にはゴムを入れて振動を吸収しています。

7枚羽根のやわらかな風切り音と相まって、風量レベル1(最小)では16dB、風量レベル7(最大)でも43dBです。


3つのDCモーター:ファン回転用のほかに、左右首振り用、上下首振り用をそれぞれ専用に搭載して
います。



2<Save Energy(省エネルギー性能)>

「DCインバーターモーター」により、最小消費電力は3W(風量レベル1、首振りなし)、最大でも22W(風量レベル7、上下左右立体首振り時) です。

消費電力はACモーターの扇風機に比べ約半分です。



3<Spred Wind(広がる風)>

左右に上下の首振りを加えたランダムな立体首振り機能で、より広い範囲に風を送ることができます。

高さ110㎝のハイポジション、上向き角度最大40°(自動20°+手動20°)、下向き角度16°(手動)ですので、部屋の空気を循環させるサーキュレーターとして使用する場合にも便利です。

左右の首振り角度は3段階に切り換えが可能です(50°、70°、90°)。自動首振りは、リモコンでも操作できます。



4<Soft Breeze(心地よい風)>

上高地に吹く自然の風をデータ化省エネ性能が高く、安定した低速回転が可能な「DCインバーターモーター」により、連続風で7段階、リズム風で4段階に回転数を制御できます。

特に、リズム風は信州の上高地に吹く実際の風の風速を計測し
て、数値化しプログラムしました。



5<Simple Operetion(使いやすさ)>

「切/入ツインタイマー」:電源の切/入の両方を1~9時間まで1時間ごとにタイマー設定できます。

例えば、就寝時にエアコンのタイマー予約運転が停止する時間に合わせて、「入タイマー」を設定すれば、エアコン停止に合わせた扇風機の運転開始ができます。

「入タイマー」で運転を開始した場合は4時間後に自動停止します。

運転停止前の状態も「メモリー機能」で記憶します。

「スピンダイヤル」:風量は回転式のスピンダイヤルを指で回すだけで7段階の風量を簡単に選択できます。

風量は、操作部にLEDのバーで段階表示され、連続風とリズム風の切り換えはダイヤル中央部のボタンでできます。

電源コードを本体に収納できる「コードリール式」



6<Sophisticated Design(洗練されたデザイン)>

モノトーンを基調としています。

リモコンは、デザインを一新し人間工学に基づくエルゴデザインを採用して、持ちやすさと簡単な操作を追求しました。



7<Sence of Safety(安心感)>

あえて本体のベース部分を大きく重くすることで、重心が低く転倒しにくいように設計しています。

また、小さなお子様のいたずら、ペットによる誤動作を防ぐために運転時も、停止時もボタン操作をロックする「チャイルドロック」機能を搭載しています(運転中は「切」のみ可能です)。



これらの特長を考えるとTOSHIBA F-DLP100の値段は安すぎるくらいです!!


⇒省エネと7つの"S"で快適をつくるTOSHIBA F-DLP100はこちらをクリック!

          

Tag : TOSHIBA F-DLP100 激安 格安 安い 最安値 口コミ 感想 レビュー 特長

TOSHIBA F-DLP100はここで購入

TOSHIBA F-DLP100を購入するならやっぱり信頼できるショップなら安
心してお買い物できますよね。

そこでオススメなのがアマゾンです。

国内最大級のショップなので、ご存じの方も多いのではないで
しょうか?


アマゾンなら

・国内配送の「通常配送」や「コンビニ受取り」なら配送料は
無料
(お急ぎ便・お届け日時指定便は別途になってしまいます
が…)

・お支払い方法は、クレジットカード・代金引換・コンビニ支
払いなどご都合に合わせて選べます。

・基本的に翌日発送
 
・万が一の場合にも対応が一律
(購入した商品の返品・交換にも対応してくれます。)

(詳しくはアマゾンのサイトでご確認下さい)


総合的に考えるとアマゾンがオススメですね。

いくら本体価格が安くても、送料がかかれば「結果的にはあまり安くなかった…」ということもあります。

返品など万が一の場合に、対応してくれなかったら…なんて不
安もあるかもしれません。


だから、「信頼できるショップで購入する」のが一番安心でき
ます。


通販はお店の顔が見えてこないので、正直ちょっと不安になっ
てしまうこともあるのですが、アマゾンなら安心してお買い物
ができますよ!


⇒省エネと7つの"S"で快適をつくるTOSHIBA F-DLP100はこちらをクリック!

          
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。